[12]おはぎにとろける

2004.11.20-11.21
度目のタイル合宿。
この間作ったタイルや皿はクゴウ先生が素焼きしてある。
今回はそれにユウヤクをかける。
で、先生が焼いてくれる予定。
それと皿をあと40枚くらい作る。
前回ほど苦行ではない。
今度こそちょっと気分転換。

じめてろくろに触れる。
思った以上に力のいる仕事で驚く。
それと自分の集中力のなさにも驚く。

回はキモチに余裕があるので、
クゴウの愛猫「おはぎ」と触れあう。
外が黒くて中が白いから「おはぎ」。
(毛先が黒くて根元が白い。あんこと餅米。)
人好きで猫嫌い。
人は選り好みしないらしい。
警戒心ゼロ。
誰の所にも行く。
べつにクゴウじゃなくてもいいらしい。
だから初対面の僕の膝の上にもすぐ乗る。
うちの猫なんかこうはいかない。
何年一緒に住んでると思っているんだ。

はぎをお腹の上にのっけて眠る。

ろけそう。

おはぎ。
よかったら家の子にならない?
クゴウがバイトしている陶芸教室にて。
先生の背中。
今回も大量生産。
サマになってるようだけど、
あきらかに不自然な指先。
女子美にて。
オレがいてもいいのだろうか。
素焼きしたあと。
表。
裏。
ユウヤクをかけたあと。

どんな感じになるのかな。

[next-->]

[第参章][topmenu][index]